yokonoritakeの日記

yokonoritakeの日記です。

関東のグルメの名物は峠の釜飯、ジビエ、いわなの刺身など

 関東のグルメの名物は

峠の釜飯

関東の駅弁では有名な峠の釜飯
今の若い人は知らないでしょうが、かつては有名で味も良いことで知られています。

かつて信越本線の横川駅ではあさま号の連結がありました。
このとき、横川駅では駅弁として峠の釜飯があったのです。

今は連結の風景もなく、廃れてしまっている横川ですが、峠の釜飯は関東のグルメだといえます。

 

峠の釜飯は実は使い終わった後の陶器を使うことができます。
かつてはこれでご飯を炊いてみたり、釜飯を真似して炊き込みご飯を作ったりもして楽しかったのです。

 

意外と面白い駅弁であり、後世まで残したいものです。

 

いわなの刺身

 群馬県などの山沿いの地域で見ることがあるお刺身です。
私は以前榛名山付近で見ましたが、売り切れでした。

 

川魚のお刺身は大変貴重です。
川魚は寄生虫などの問題から生ではなく火を通して食べることが一般的ですから、生の刺身で食べられるのは珍しいのです。

 

もし群馬県に行くことがあればこのいわなの刺身を食べてみることをおすすめします。

 

 

牛乳ぱん

意外と知られていない那須高原の美味しいグルメです。
那須は牧場もありますので、そのため那須高原の牛乳は美味しいです。

那須高原で見かける牛乳パンをよく食べますが、ここは美味しいパンが多い。
関東で食べる牛乳パンよりも、ここのパンは味が濃く美味しいと感じます。

 

以前は那須高原のサービスエリアにあった牛乳パンが大変おいしかったのですが、最近は仕様が変わったのかと思います。
もしかしたら近所のパン屋やどこかに美味しいところがあるのかもしれません。

 

ジビエ料理

 埼玉県の西部や群馬県などで多いのがジビエ
体が温まるのでびっくりします。

 

味は若干好みがわかれそうです。
また食べられるお店が多いわけではないので、現地まで行った時は検討してみるといいです。

 

 

生シラス

生シラスは神奈川県のグルメです。
他にも高知や静岡、茨城などもありますが、神奈川県は特に食べられる地域が多く有名です。

 

生シラスを食べられる観光地として江ノ島、鎌倉、小田原などの主に湘南地域があります。
特に江ノ島は生シラスが名物になっており、江ノ島に行くと「生シラス」と書かれた幟が多く見かけられます。

生シラスはプリプリの食感で臭みもなく食べやすいです。
シラスとは違った味わいで生姜ポン酢や酢味噌で食べると特に美味しいです。

魚嫌いな子供でも好きになるような癖がある食べ物なので、江ノ島や湘南に行かれた時は召し上がると良いですよ。
漁の期間は主に3月15日~12月31日までですが、地域によって多少違いがあります。

 

千葉御宿の伊勢海老

 

伊勢エビといえば「伊勢 = 三重県」をイメージされる方が多いですが、千葉県の御宿は日本で1番の伊勢海老の収穫量を誇ります。
千葉では房総海老とも呼ばれていますが、イセエビと同じです。

この御宿は日本でもイセエビの解禁が早く、シーズンになると「おんじゅく伊勢えび祭り」が開かれます。
ここ御宿は東京からも行きやすい位置にあるので、このお祭りに合わせて観光や旅行へ行かれるのも楽しいでしょう。

 

 

 

中央道の工事で小仏トンネルの渋滞は解消されないんじゃないか

 中央高速道路の渋滞スポットである小仏トンネルがあります。
ここは上り線と下り線の両方とも渋滞スポットであるため、早急な対策が欲しいところです。

 

www.c-nexco.co.jp

しかし、建設案をみてみると上り線に1車線を追加するだけで、そのためのトンネルを小仏トンネルに新設するというものです。
これでは渋滞は解消されないのではないかと思います。

 

まず上り線については土日の午後に渋滞が発生し、平日はほぼ発生しません。
ここが同じ渋滞スポットである東名高速の大和トンネルとは異なる点です。

 

そして、中央道の上野原〜八王子jctは2車線で、この2車線では交通量を捌き切れないことが問題です。
そこで1車線を足して3車線にするのが今回の目的ですが、これでは足りないのではないかと思います。

 

中央道は山梨と長野を結び、河口湖や山中湖など富士五湖も結びます。
そのため観光客の交通量が多いのです。

 

小仏トンネルはトンネル+上り坂という渋滞の鉄則に当てはまりますから、ここがひどい渋滞がおきます。
ここの渋滞は東名の大和トンネルよりもひどく、ゆっくりとしか動きません。

 

そのため現在の3車線化ではなく、新設で4車線道路を作り、既存の道路を下り線にしたほうがいいのではないかと思います。

 

 

これは現在の東名の大井松田付近の道路と同じで、下り線が2車線+2車線とし、上り線が4車線とする案です。
この理由は小仏トンネルの上り線の渋滞が3車線では捌けないであろうということ、また小仏トンネルは下り線も渋滞がひどいことです。

 

 

小仏トンネルの下り線も渋滞します。
この渋滞は八王子jctを巻き込んで、中央道の国立府中、圏央道の青梅、圏央道の相模原付近まで続きます。

 

むしろこちらの方が深刻で、この小仏トンネルの渋滞によって圏央道まで巻き添えになっています。
この渋滞のせいで埼玉、群馬県方面から伊豆、箱根、湘南地域への移動に影響が出ていますし、東名から群馬県への移動にも影響が出ています。

 

この両方の小仏トンネルの渋滞を解消するには上り線だけの1車線の新設では不十分で、新たに3または4車線の新設をし、既存道路のどちらかを新設道路によって廃止された旧道とともに利用することで車線数を増やすべきです。

 

こうすることによって小仏トンネルの渋滞は解消されるはずです。

 

 

ただ東名のような平日の利用は見込めないため実現性は不明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

黒川温泉と合わせて行くべき観光地は?

黒川温泉と合わせて行くべき観光地は?

熊本県にある温泉地の黒川温泉。
この温泉地は山の奥深くにあるにもかかわらず、多くの人が訪れる人気の名湯です。

 

この黒川温泉には良い宿が多くあります。
ここは予約サイトが主催するような温泉ランキングでもいつも上位に入るような人気の温泉地。
その理由は高級な宿もあれば風情のある宿もあり、多くの人がリピートしたくなる要素があるからです。
中でも黒川温泉の高級旅館は自然の中にあることから、気持ちの良い宿が多いことが特徴です。
これは同じ別府や熊本、福岡などの高級宿やホテルとは違い、自然環境の中でリフレッシュができることから人気を博しています。
黒川温泉の高級宿は全国でも素晴らしく、中でも「竹ふえ」は関東でも見たことがないような巨大な露天風呂付き客室があることでテレビなどでも取り上げられています。

f:id:ii-keshiki-mitai:20210623154724p:plain

(画像:googlemap)

黒川温泉の場所はこのくじゅう連山の西にあります。
ここは国道が走っていますが、都市部の大分や熊本からは遠く、まさに九州のへそともいえる場所です。

この黒川温泉付近にはくじゅう花公園があり、ここは花畑が綺麗な場所です。
また扇棚田という綺麗な棚田があり、ここも美しいです。

ただこの黒川温泉周辺は自然環境を観光とした施設が多いです。

 

f:id:ii-keshiki-mitai:20210623154740p:plain

(画像:googlemap)

もう少し縮小してみると近くには阿蘇や熊本があります。
黒川温泉は阿蘇や熊本方面のほうがアクセスをしやすい場所にあります。

関東から行かれる方は熊本空港からレンタカーで、阿蘇のミルクロードを走るなどすると気持ちがいいでしょう。

大分から湯布院を経由して行く方法もあります。
ただどちらかというと熊本方面から行かれる方が楽かと思います。

 

 

f:id:ii-keshiki-mitai:20210623154802p:plain

(画像:googlemap)

黒川温泉と合わせて行くべき観光地は

です。
この4つが中心になると思います。

 

黒川温泉は山の中のアクセスが悪い場所にあるので、どうしても立ち寄れる観光先が限られます。

 

熊本駅や熊本空港を経由していく場合は「熊本市街地」「阿蘇」に観光されるといいです。
ここは熊本城や熊本の馬刺しなどのグルメ、とんこつラーメンが有名で、阿蘇阿蘇連山の自然、阿蘇の牛乳、ミルクロードの眺めなど自然を売りにした観光地が豊富です。

 

これらの観光地を立ち寄り黒川温泉へ行かれるといいでしょう。

 

また湯布院や別府方面から行く場合はレンタカーが便利です。
この場合は別府や湯布院で一泊されて、それから黒川温泉へ行かれるといいです。

このルートでは観光地が少なく、夫婦滝くらいです。
湯布院の金鱗湖や湯の坪街道などを観光されてい、黒川温泉へ行かれるといいかと思います。

 

 

伊豆の観光での宿泊ホテルはどこに泊まるべきか?

伊豆の観光での宿泊ホテルはどこに泊まるべきか?

伊豆は観光先が多く、色々な地域があります。
また海があり、自然もあること、さらに温泉も有名なため関東や中部から数多くの人が訪れる日本でもトップクラスの観光地です。

 

伊豆は温泉旅館も多く、昔から名湯と呼ばれる熱海、修善寺や、別荘地として開けた伊豆高原、海の綺麗な下田など旅館やホテル業も盛んです。
ここは関東を代表する旅行先ということもあって高級宿も多いです。
伊豆は昔からの旅館が多く、風情や雰囲気もいいです。
伊豆の部屋食の高級旅館もまだまだ残っているため、宿泊すると懐かしい気分になります。
特に部屋で夕食を食べられる部屋食の高級旅館が多いので、家族や夫婦で良い時間を過ごすにはうってつけです。
全国でもトップクラスの高級宿が立ち並ぶ伊豆ですから、ぜひ足を運んでみるといいはずです。

 

f:id:ii-keshiki-mitai:20210623164520p:plain

(画像:googlemap)

まず伊豆はこのように半島になっています。
伊豆の宿泊ホテルとしては

などがあります。

 

 

f:id:ii-keshiki-mitai:20210623164529p:plain

(画像:googlemap)

この画像の青色をつけた場所が上記のエリア。

 

熱海

まず熱海の宿泊は観光に向いています。
ここは新幹線が走っていることや三島、沼津、修善寺、さらには下田や伊東へも行きやすい中心地です。

ここは伊豆旅行の経由地としても中心地ですから、熱海は第一候補にするといいです。
熱海は温泉も有名な地域ですから、温泉宿に泊まるといいです。

伊東

伊東は伊豆地域の第二の都市です。
街は温泉街でもあり、市街地が大きいので駅近くには飲食店などが豊富です。

ここは伊豆高原へも出やすい位置にあり、東伊豆へのアクセスもいい場所です。
下田や東伊豆へ行かれるならこの伊東を宿泊先に選ぶといいです。

 

伊東は伊豆高原も含んでいますが、体験型の施設が多いです。
伊豆高原に行くと子供と遊べる施設が多いので、家族づれのかたは伊東に宿泊すると観光プランも組みやすいです。

 

また伊豆スカイラインが走っているため、渋滞しやすいシーズンは迂回が便利です。
山の上を走るので混雑しませんから、このルートで行かれると伊東の観光もはかどるはずです。

 

 

伊豆高原

伊豆では別荘地として知られておりペンションや離れの宿が多い場所です。

ここは大室山や小室山、城ヶ崎海岸、陶芸やガラス工芸など家族で遊べる場所が豊富です。

 

そのため家族連れが宿泊するといいでしょう。
ここは家族で伊豆を観光するには向いています。

 

東伊豆から下田

この地域は観光スポットが少ないのですが、海が見えるため人気の温泉地。
北川や熱川、稲取、河津など有名な温泉地が多くあります。

ただ観光先が少ないので伊豆高原を観光してから宿泊先にするということが多くなります。
観光プランが組みにくいので、観光よりも温泉宿の宿泊を目的にした利用が増えるでしょう。

 

下田について言えば、下田は海が綺麗で観光先が豊富です。
水族館や海水浴場など観光場所が多いので、宿泊にもおすすめです。

東京から遠い分だけ宿泊料金が安いので、コスパのいい宿が多いのも特徴です。

 

修善寺や中伊豆

伊豆の中では風情のある地域です。
ここは三島や沼津、下田にも出やすい場所で、観光旅行の宿泊先にも最適です。

三島に行かれる場合は伊豆長岡、下田方面なら修善寺などで選ぶといいかもしれません。
最近は天城北道路や河津下田道路の開通が見込まれるので、今後さらに観光向きの宿泊先として便利になっていくはずです。

 

戸田、土肥

観光の宿泊先としては向かない地域です。
西伊豆は観光先が少ないので、観光のための宿泊先にはやや向きません。

 

ここは温泉や海の眺めがよく、静かな場所です。
そのため観光よりも少し休養やリフレッシュを兼ねていかれるといいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行に行くとトイレに行きたくなる、便が出ない理由

旅行へ行くときに

「あれ、今日は出ないな」と思うことがあります。

 

食事中の方には申し訳ないですが、ベンの話です。
この原因は簡単にいうと旅行の前に緊張が生まれるために、ベンが出ないということです。

 

毎日の私生活では緊張することなく時間が過ぎていきます。
ただ旅行の前日や当日は「旅行へ行く」という緊張感があるとベンが出ないということが起きやすいのです

 

もちろんこれはそうなる人もいれば、ならない人もいます。
個人差がありますから、みんなそうなるわけではありません。

 

また人によって様々です。
ベンが出ない人もいれば、寝られない人、トイレが近くなる人もいます。

 

ただ共通しているのは「旅行という普段は行わない行為についての緊張」が原因です。
体が緊張してしまうため、普段は当然のように行う「ベンを出す」ということができなくなるわけです。

 

対処としては

  • 牛乳を飲む
  • コーヒーを飲む
  • 2〜3日前にサツマイモなど食物繊維を取る
  • 散歩などで体をよく動かす

など体の緊張を取る、食べ物でベンを出しやすくするなどの方法があります。
あくまでも対処方法ですが、ベンを出しやすいようにしておくといいです。

 

またこの場合は、旅行の途中にトイレに行きたくなることもあります。
できるかぎり

 

  • 高速道路の休憩場
  • コンビニ
  • ガソリンスタンド

などトイレがある場所を覚えておくだけで不安が消えます。

 

 

 

伊豆の高速道路は観光地の割にはやはり少ないと思う。

静岡の観光地として伊豆があります。
ここへ出かけると思うことは伊豆の観光地は高速道路がやはり少ないということです。

 

東京から伊豆へ行くには東名を通り、小田原厚木道路を走り、真鶴付近までは高速やバイパスでいけます。
ただそこから先は高速道路がないのです。

真鶴ブルーラインや熱海道路はあります。
たしかにこれは早い道路です。

 

ただここから先の区間では高速道路のような道路はほぼ皆無です。
伊東、伊豆高原、東伊豆、河津、下田、松崎、土肥、戸田、沼津と非常に広い範囲で高速道路がありません。

 

同じような半島である紀伊半島和歌山県三重県では高速道路があります。
千葉の房総半島でも館山まで高速道路が通っているのです。

 

伊豆だけがこれだけ大きな観光地でありながら、高速道路の乏しい場所になっています。
また鉄道も下田までは長い時間がかかるため観光地としてのアクセスはいまいちです。

 

そのためか伊豆半島の所得は南に行くと低くなっています。

 

現在伊豆縦貫自動車道という道路が一部完成しています。

www.cbr.mlit.go.jp

この道路は東名の沼津から三島〜修善寺〜天城北までを現在結び、将来的には下田まで開通する道路です。
これがあれば中伊豆を通って下田までのルートが完成します。

 

ただこれでは西伊豆や沼津など海沿いの地域が外れてしまいます。
静岡県は一大観光地なので半島をぐるっと回る高速道路があってもいいはずです。

 

話を戻すとこの伊豆縦貫道路は計画通りになるでしょうが、西伊豆などの不便さはのこりますし、東伊豆などのアクセスの問題が生まれるはずです。
伊東や伊豆高原、熱海、河津、熱川は将来的にはこれらのルートとの接続性が重視されてくるかもしれません。

 

やはり高速道路ができればそちらが便利だからです。

 

 

ただ伊豆半島も海沿いを走る高速道路はやはり欲しかったと思います。
地形の問題から難しい場所ではありますが、もしこれがあれば伊豆高原以南ももっと賑やかな観光地になっていたかと思います。

もちろん静かな観光地は良いのですが、アクセス性の問題が解消できるかどうかは伊豆では重要な問題点になるはずです。

 

現在は伊豆縦貫道路がありますが、これが伊豆湘南道路として函南〜熱海〜湯河原〜真鶴〜小田原まで接続するような計画もあります。
どちらにせよこのような高速道路を作って欲しかったと思います。

伊豆へ行く時は伊東あたりまでなら気が進みますが、河津や下田は遠く感じてしまうのでやはり大変です。
できればバイパスのような走りやすい道路でもあれば、伊豆の南の観光地も行きやすくなると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西湘バイパスの渋滞の原因

熱海や伊豆へ行く際に必要になる西湘バイパスという道路があります。
この道路はお馴染みの渋滞スポットとして知られています。

土日の午前中から西湘バイパスの石橋icの出口から早川jctまで渋滞してきます。

f:id:ii-keshiki-mitai:20210616194013p:plain

この画像の石橋icから早川jctまで渋滞がおきます。
西湘バイパスではこれだけですが、交通量の多い小田原厚木道路では画像の上にあるトンネル付近まで渋滞が発生します。

ここの渋滞は非常に流れが遅く、その原因は

と3点が挙げられます。

 

国道135号線の渋滞

まずこの道路が渋滞する原因は

 

  • 過剰な交通量
  • サグ
  • 海の景色

の3点があります。

まず過剰な交通量についてはこの道路は東京や横浜方面から熱海や伊豆へ向かうメイン道路です。
そのため伊豆や熱海への観光へ向かう車がここを集中するのです。

2車線道路であるため捌き切れる車の量が少なく、過剰な交通量に対して渋滞が発生してしまいます。
ここは片側2車線の4車線あっても良い道路です。

 

サグについてはこの区間(石橋〜真鶴)はサグが多い場所です。
元々沿岸の地形に沿って道路ができているため、山を切り崩したような場所もあります。

アップダウンが激しいため一部の車両が速度低下を起こし、50km制限と速度は高いにもかかわらず後続車両が詰まり始めます。

 

そして海の景色とは、ここは沿岸の道路で眺めが良い道路です。
そのため景色を見るために遅く運転する車が出てしまいます。

事故が発生したときに通過する車両が速度を落として事故を見物しながら走りますが、あれと同じ原理がここで働きます。

 

国道135号線と西湘バイパスの合流

合流は間違いなく短いです。
またこの道路は首都高などに多い追越車線(西湘バイパスjp)が走行車線(国道)に合流する形になるのでやや慣れが必要です。

そのため速度低下を引き起こし、渋滞が発生します。
ただでさえ、合流で渋滞が発生する道路が多いにもかかわらず、ここは合流車線が短いという悪条件が重なるため、さらにひどい速度低下が起きています。

 

早川jctの合流

上記で紹介した2点の渋滞がこの早川jctまで続きます。
この渋滞は合流渋滞というよりもこの2点の渋滞が原因でs。

 

この渋滞は小田原厚木道路で深刻で大型連休には小田原西ic付近で発生することがあります。
渋滞をしていると、ここから石橋jctまで1時間ほどかかることがあります。

 

非常に長く、逃げ場がない道路なので事前にお手洗いを済ませておかないと漏らします。

 

この道路は神奈川県では有名な渋滞スポットです。

https://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/06data/plan/sogai/pdf/13.pdf

渋滞シーズンの連休や土日はできる限り迂回するか用心して望んでください。